Suzuki Method Ichiken   Hasegawa class & Hirano class

スズキ・メソード 一研  長谷川クラス 平野クラス

スズキ・メソード創始者

鈴木鎮一(1898~1998)

 「人は環境の子なり」私は色紙によく書きます。私は遺伝の法則に従った生理的ないろんな条件の遺伝の問題を少しも疑いません。

 しかし、能力は刺激に対して身についていく生理的なもので、刺激がなければ、なにも育ちません。才能は生まれつき人間の中にある、という世間一般の考え方は根本的に違います。すべての能力は、心も感覚も含めて、外の環境に適応して身についていくものです。これが私の考え方です。

 刺激がくり返されると、その刺激の良い悪いに関係なく、その刺激に適応する能力が育っていきます。刺激がなければ、能力は育ちません。このことを私は「能力の法則」と名付けました。

 赤ちゃんは肉体の成長とともに、まわりの刺激に反応していき、能力を形づくっていきます。いい刺激があれば好ましい能力が育っていきます。本来素質があるのかではなく、生まれた子供の成長に必要な条件が繰り返されると、それに対する力ー能力が育ちます。みんなすばらしい生命の力とその働きによるものです。

 このような生命のすばらしさに気付き、生命のすばらしさを発露させようというのが、私どもの主張であり、目的です。

 

                        「遺伝の法則と能力の法則」